求人情報 求人情報 求人情報掲載のお申し込み 香川県病院薬剤師会紹介動画
香川県病院薬剤師会とは
香川県病院薬剤師会会則
香川県病院薬剤師会50年
香川県病院薬剤師会会報誌
TDM
薬の飲み方
病院薬剤師の仕事
キャラクターの紹介
日本病院薬剤師会
香川県薬剤師会
一般社団法人香川県薬剤師会定款
QRコード
スマフォ用サイト

お知らせ 一覧

会長、監事選挙並びに候補者届出の受付に関する公示

2018-01-01

平成30年1月1日

会 員 各 位
香川県病院薬剤師会
選挙管理委員会

会長、監事選挙並びに候補者届出の受付に関する公示

平成30年2月17日(土)、香川県病院薬剤師会の臨時総会を開催いたします。本会の「会則」により、平成30年4月1日から平成32年3月31日までを任期とする次期会長1人、監事2人の選挙を行います。自ら候補者になろうとする正会員、候補者を推薦しようとする会員は、下記により届け出てください。

(1) 候補者の資格は、平成29年12月31日までに、香川県病院薬剤師会への正式入会手続きを完了している正会員に限ります。
(2) 届出の受付期間は、平成30年2月10日午後5時までとし、本会事務局で受付けます。但し土曜日、日曜日と祝日を除きます。
(3) 届出の締切日時は平成30年2月10日午後5時までとします。締切日時後の届出は受け付けられません。
郵送による場合は、必ず書留をご利用ください。締切日時までに到着したものを有効とします。締切日時後に到着したものは無効とします。
(4) 届出関係書類一式あるいは本会会則諸規定は、ご請求くだされば郵送します。
(5) お問い合わせは香川県病院薬剤師会事務局までお願いします。
以 上

香川県病院薬剤師会 事務局
国立大学法人 香川大学医学部附属病院薬剤部内
〒761-0793 香川県木田郡三木町池戸1750-1
(087-891-2310)

PDF版はこちらです。

支部長、支部監事選挙並びに候補者届出の受付に関する公示

2018-01-01

平成30年1月1日

会 員 各 位

香川県薬剤師会 病診支部
選挙管理委員会

支部長、支部監事選挙並びに候補者届出の受付に関する公示

平成30年2月17日(土)、香川県薬剤師会 病診支部の臨時総会を開催いたします。本会の「定款」により、平成30年4月1日から平成32年3月31日までを任期とする次期支部長1人、支部監事の選挙を行います。自ら候補者になろうとする正会員、候補者を推薦しようとする会員は、下記により届け出てください。

(1) 候補者の資格は、平成29年12月31日までに、香川県薬剤師会への正式入会手続きを完了している正会員に限ります。
(2) 届出の受付期間は、平成30年2月10日までの午後5時までとし本会支部事務局で受付けます。但し土曜日、日曜日と祝日を除きます。
(3) 届出の締切日時は平成30年2月10日午後5時までとします。締切日時後の届出は受け付けられません。
郵送による場合は、必ず書留をご利用ください。締切日時までに到着したものを有効とします。締切日時後に到着したものは無効とします。
(4) 届出関係書類一式あるいは本会定款諸規定は、ご請求くだされば郵送します。
(5) お問い合わせは病診支部事務局までお願いします。

以 上

香川県薬剤師会 病診支部 事務局
香川大学医学部附属病院薬剤部内
〒761-0793 香川県木田郡三木町池戸1750-1
(087-891-2310)

PDF版はこちらです

【重要】日病薬病院薬学認定薬剤師の認定申請について

2017-11-21

日病薬院学認定剤師制度 研修者各位

一般社団法人 日本病院薬剤師会
会 長 木平 健治
生涯研修委員会
委員長 本間 真人

日病薬院学認定剤師 の認定 申請 の受付期間 について

平素より日本病院薬剤師会にご高配を賜り御礼申し上げます。
さて、平成27年度より開始した日病薬病院薬学認定薬剤師制度が3年目を迎え、平成30 年度には認定試験(Web試験)を実施いたします。つきましては、認定試験の受験資格審査のため、下記の期間に認定申請を受け付けることとなりましたのでご案内いたします。
なお、平成30年度は多くの申請が予想され、審査に時間がかかる恐れがございます。円滑な審査のため、早期の申請にご協力くださいますようお願いいたします。

  • 認定申請期間 : 平成30年1月9日~4月6日(必着)
  • 申請対象研修期間 : 平成27年4月1日~平成30年3月31日
  • 申請方法 : オンライン申請より基礎情報の入力及び単位確認を行った 後、オンラインシステムより申請書を印刷し捺印の上、 研修記録とともに事務局に郵送

注意事項

1.日病薬病院薬学認定薬剤師制度の研修単位シールはP04-15~P04-17と記載されているものが対象となります。認定申請前に、本会ホームページの日病薬病院薬学認定薬剤師制度(URL: http://www.jshp.or.jp/banner/byouinyakugaku/)の「日病薬病院薬学認定薬剤師制度 認定研修会開催一覧」より取得したカリキュラム項目及び単位の確認をお願いします。

2.e-ラーニングの受講証明は、e-ラーニングシステムのMYページより、単位を使用する制度を確定し、「単位取得証明書」及び「取得単位明細書」を印刷の上、研修記録と一緒にご提出ください。

日病薬病院薬学認定薬剤師制度の
カリキュラム・単位確認について
(PDF)

 

「2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会での選手村におけるボランティア薬剤師の調査」につきまして

2017-11-21

2020年7月に開催予定の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の選手村総合診療所におけるボランティア薬剤師の協力調査につきましては、香川県病院薬剤師会より2名参加可能で回答させていただきました。ご協力いただける先生方には感謝申し上げます。

研修会過去実績一覧を掲載しました。

2017-08-18

香川県病院薬剤師会が主共催の日病薬病院薬学認定薬剤師制度に該当する研修会過去実績一覧を右の研修会カレンダー下に掲載しましたので、ダウンロードの上、研修記録の作成にご利用ください。

なお、他県開催の学会等につきましては、
http://www.jshp.or.jp/banner/byouinyakugaku/kaisai.html
をご参照ください。

「地域包括ケアシステム・回復期における病院薬剤師の介入効果に関する調査」ご協力のお願い

2017-07-21

平素より日本病院薬剤師会の活動にご高配を賜り御礼申し上げます。

このたび地域包括ケアシステム・回復期における病院薬剤師の介入効果に関する調査を実施することと致しました。

回復期リハビリ病棟または地域包括ケア病棟を有している施設の先生方におかれましてはぜひ回答をお願いいたします。

→ https://jshp.jp/jshp_kainyu/

病棟において活発に薬剤師が病棟活動している必要はございません。回答できるところのみで結構です。

ご協力の程よろしくお願いいたします。

日本病院薬剤師会

ビールパーティのご案内

2017-06-09

拝啓 時下ますますご清祥のことと、お喜び申し上げます。
本会の運営につきましては平素から格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

さて、恒例のビールパーティを本年も下記のとおり開催し、おいしい生ビールを飲みながら懇親を深めたいと計画しております。つきましては、大変お忙しいこととは存じますが、万障お繰り合わせの上、

ぜひ多数ご出席くださいますようご案内申し上げます。

 敬具

  • 日時: 平成29年7月21日(金)18:30 ~ 20:45
  • 場所:JRホテルクレメント高松 5階 ビアテラス
    ホテル正面玄関横・特設入口よりエレベーターでお上がりください。
    香川県高松市浜ノ町1-1  TEL:087-811-1140
  • お問い合わせ:高松赤十字病院薬剤部
    TEL: 087-831-7101 (内5910) 黒川

詳細については後日文書にてご案内させていただきます。

なお、少雨では開催致しますが台風等によりやむを得ず中止となる場合がございますのでご了承ください。また、何名様でもご参加が可能です!

「ビールパーティーのご案内&お申し込み」

下のボタンのリンク先からお申し込みください。

申し込みフォーム

地図

香川県病院薬剤師会 会誌64号を掲載しました。

2016-11-30

会誌64号を追加しました。ログイン後メンバーページからご覧ください。

http://kpshp.jp/member-only/

「多剤投薬の患者に対する病院薬剤師の業務実態調査」へのご協力のお願い

2016-11-02

「多剤投薬の患者に対する病院薬剤師の業務実態調査」のA票に関しましては、患者情報を含まない基礎調査となっておりますので、是非A票のみでも結構ですので、ご協力をいただきますようようお願い申し上げます。


平素より日本病院薬剤師会の活動にご高配を賜り御礼申し上げます。

さて、日本病院薬剤師会学術第1小委員会は「ポリファーマシー対策にかかる薬剤師の関与ならびに有用性に関する調査・研究」をテーマに平成27年度に編成され、これらの調査・研究を3年計画で行っております。平成28年度診療報酬改定では「薬剤総合評価調整加算」等が新設されるなど、薬剤の適正使用ならびにポリファーマシーに対する薬剤師の関わりが重要性を増して参りました。学術第1小委員会では、多剤投薬の患者に関する全国規模での実態調査や処方内容および薬剤師の関与につきまして「多剤投薬の患者に対する病院薬剤師の業務実態調査」を平成28年7月から下記の概要で実施しております。

  • A票(患者情報を調査しない):多剤投薬に関する病院薬剤師の意識調査
    施設の基礎数値ならびに薬剤部(科)での業務の取り組み状況を調査します。
  • B票(患者情報を調査):多剤投薬が行われている患者調査と病院薬剤師の業務調査
    2016年3月1日~31日に退院された調査対象基準を満たす患者について、患者情報や入院期間中における病院薬剤師の業務内容を調査します。

調査方法の詳細につきましては、日本病院薬剤師会ホームページ(https://jshp.jp/2016tazaitouyo_chosa/)に掲載してありますので内容をご確認いただき、本調査にご協力いただける施設は、調査参加登録フォームより施設調査(A票)のみに回答する」または「施設調査(A票)と業務調査(B票)のいずれも回答する」を選択し、必要事項を入力の上、調査票等をダウンロードしてください。

本調査は日本病院薬剤師会の倫理審査委員会の承認を得て調査を実施しておりますが、業務調査(B票)は、各医療機関での倫理審査(迅速審査含む)や施設長等の許可など院内規定に従って調査にご協力ください。また、調査結果は、適切な学会や日本病院薬剤師会雑誌等にて報告する予定としておりますが、施設名、個人が特定できる形での公表はいたしません。

なお、本調査は回答施設数および症例数が目標に達していないため、調査期間を平成28年11月30日まで延長致しました。ご多忙とは存じますが貴下会員の皆様に本調査をご周知いただき、多くの皆様からのご協力を働きかけてくださいますようよろしくお願い申し上げます。

<照会先>

一般社団法人日本病院薬剤師会学術第1小委員会
「多剤投薬の業務調査について」
chosa@jshp.or.jp

« Older Entries
会員ページへ
各種申請書類
カレンダー表示
  • 日別研修会カレンダー

    2月 2018
    « 1月   3月 »
        1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28     
  • 研修会過去実績一覧ダウンロード

    情報お知らせメール配信お申込み

    病院薬剤師のDAY&DAY
    Copyright 香川県病院薬剤師会 All Rights Reserved.
    Top